泉神社の魅力やおすすめスポットを紹介します。

湧き出る泉神社巡り

泉神社について

茨城県日立市にある泉神社は、その名のとおり、美しい泉が湧く美しい神社であり、また、宇治49年(紀元前42年)にこの地方に鎮祀されたと伝えられている大変歴史のある神社です。

泉神社の社記には、天から霊玉が落ちてきてこの地に当たり、沸騰して泉になったと記されています。
なんとも素敵な言い伝えです。ご祭神はこの霊玉を神格化した天速玉姫命がお祀りされております。

アクセス

アクセスは電車の場合、JR常磐線大甕駅より徒歩約10分です。車の場合は、常磐自動車道日立南太田インターチェンジから約15分で、駐車場は神社のすぐ横にあります。

境内

まずは、鳥居をくぐると、茨城百景に指定される泉の森の中を歩くことができます。
植物からでるマイナスイオンで、清々しい気分になれます。

少し歩くと、御神木、社務所があり、その奥が社殿になります。拝殿は大きくはありませんが、歴史を感じることができるでしょう。

伝説の泉

階段の右側を降りると、お社があり、そのすぐわきにあるのが、霊玉が落ちたとされる伝説の泉です。

信じられないほどの美しさと、透明感のあるエメラルドグリーン。なかなか見ることができない光景です。心が奪われてしまいますので、要注意!(笑)

茨城県が誇る人気のパワースポットですので、是非、参拝に訪れてほしいです。

コメント