香取神宮の魅力やおすすめスポットを紹介します。

神社巡り

香取神宮について

東国三社の一つ【香取神宮】

全国に約400社ある香取神宮の総本社です。茨城県の「鹿島神宮」「息栖神社」とともに東国三社として有名です。大きな駐車場から、緩やかな坂道が鳥居まで続く両側には、お店が並んでいて、お団子やお蕎麦、かき氷、漬物など美味しそうなものがズラリ!

まずは、YouTubeをご覧ください。

香取神宮⛩

境内

大きな鳥居をくぐると、参道は鮮やかな緑につつまれています。また、玉砂利がしかれてますので、踏みしめる音にも癒されるかもしれません。参道の緑のおかげで、真夏でも少しひんやりと感じられます。また、植物からマイナスイオンが出てるのでしょうか、すごく気持ちの良い空間を味わえます。玉砂利の音、植物からのマイナスイオン効果で、拝殿に行く前に、心と身体が浄化される気分です。朱色の総門に到着すると狛犬さんがお出迎え。すぐに重要文化財にしていされている楼門があります。300年以上前に五代将軍徳川綱吉公によって、造営されたとの事です。朱色の楼門をくぐると、本殿に到着です。圧倒的な存在感をだしています。

本殿近くにあるのが、樹齢約1,000年の大杉!

拝殿の左側にあるのが「三本杉」と呼ばれているパワースポットがあります。源義家の父、頼義が「天下泰平」「社頭繁栄」「子孫長久」を願ったところ、1本の杉が3本に別れたという伝説が残っております。

また、たくさんの神様が祀られている香取神宮ですので、ゆっくり、隅々まで散策するのがおすすめです。

総門の奥に鳥居をとらえる撮影スポット!

大きな狛犬がお出迎え!

玉砂利の参道は、気持ちよくて不思議な感覚になれます。鳥の鳴き声と玉砂利を踏みしめる足音に癒されるはずです!

楼門をくぐると、圧倒的な存在感の本殿です!

【拝殿】

【本殿】奥の本殿も参拝しましょう。神様の一番近くです。

三本杉はパワースポット!
空洞は撮影スポット!

灯篭には、神の遣いである鹿が刻まれております。

11月は菊が飾られて綺麗です。

本殿の裏を少し行くと、寒香亭さんがあります。
知らない方が多いかと思いますので、ご紹介します。

お団子がおすすめです。
つきたてのお団子を楽しめます。

【奥宮】雰囲気が変わります。

奥宮の参道は、清々しい気持ちになれますよ。

利根川に面して建つ、香取神宮の一の鳥居。

コメント