【筑波山】初めての方必見!おすすめの登山コースを紹介!まずは1択!

アウトドア

はじめに

お休みに登山を予定される方で、コースやご飯のメニューを考えるだけでワクワクがとまらないという人は多いのではないでしょうか。

また、初めて登る山を地図やインターネットで調べている時は楽しい時間です。

ただ、選択肢は無数にあるので、決定をくだすのにへとへとになるのもあるあるですね!

そこで、もし筑波山を登るのなら、『とりあえずこのコース1択』をまずは簡単にご紹介いたします!

ぜひ、初回はこのコースにチャレンジしてみてください。

この記事を書いた人

筑波山周辺が主な活動地域です。

高所恐怖症ですので、ゆるく登山をしてます。

筑波山麓の魅力やその周辺のおすすめ情報を発信し、少しでも皆さんのお役に立ちたいと考えております。

InstagramやTwitterでも情報を発信してますので、Instagramは@shubou_mountain_ibaraki、Twitterは@shubou_mountainで検索してみてください。

アクセス・駐車場

車の場合は、常磐自動車道土浦北ICもしくは北関東自動車道桜川筑西ICから、どちらも約40分ほどです。

駐車場は筑波山神社周辺に、市営駐車場があり、約400台が駐車可能です。その他、売店にも隣接してますので、お買い物もされる方は、そちらも良い出会いがあるかもしれません。

筑波山つつじヶ丘駐車場も約400台が駐車できます。

料金はどちらも1回500円です。初詣や梅の開花、紅葉の時期はハイシーズンとなり、駐車場が満車になる可能性がありますので、朝は早めがおすすめです。

今回のおすすめのコースとなると、筑波山神社周辺に駐車してください。

【筑波山神社駐車場】

電車の場合、つくばエキスプレスの終点つくば駅から、直行シャトルバスで登山口の筑波山神社入口までは、約40分ほどです。

JR常磐線を利用される方は、土浦駅から筑波山口行きの路線バスで約1時間ほどです。

おすすめの登山コース

日本百名山の一つである筑波山(最も標高の低い百名山)は、標高871mの男体山と877mの女体山の2つの峰からなる双耳山として有名です。

主なコースは御幸ヶ原コース、白雲橋コース、おたつ石コース、迎場コース、その他山頂を結ぶ連絡路などがありますが、こちらでは、登りが『白雲橋コース』、山頂連絡路を経由して、下りが『御幸ヶ原コース』をおすすめいたします!

登山客にも人気の定番コースにもなっていて、見どころがたくさんあります。

白雲橋コース

【約2,8km|登り約110分・下り約95分】
筑波山神社から女体山山頂を目指す人気コースです。今回は登りのコースとしておすすめいたします。

有名な弁慶七戻りなどの巨岩や奇岩にもたくさん出会えます。頂上付近の急な登りと岩場、パワースポットが多いのが特徴です。

【筑波山神社からスタート】

【白蛇弁天】
パワースポットごとに看板があります!

【弁慶茶屋跡地】
ロープウェイ乗り場があるつつじヶ丘からのルート『おたつ石コース』との分岐点です。

見晴らしが良くベンチもありますので、最初の休憩スポットとしておすすめです。

【弁慶七戻り】
あの源義経に仕えた武蔵坊弁慶が「七戻り」したといわれている石です!コースの中でも人気のスポットです!それにしても奇跡的な状況で岩が止まってますね!

『弁慶七戻り』以外にもたくさんの奇岩があり、発見の多い登山になることでしょう。

いくつもの奇岩を通りながら女体山山頂を目指します。

女体山山頂からラスト200mくらいは急な岩場が続きますので、かなりキツくなりますが、ゴールはもうすぐです。

山頂に到着すると筑波山神社の御本殿がありますので、無事を報告しましょう。拝殿がスタート地点で御本殿が目的地というわけです。

【女体山山頂からの眺め】
お隣の『宝筐山』に滝雲がかかると幻想的です!

空気が澄んだ日は『富士山』が肉眼でも確認できます!

【筑波山神社御本殿(筑波女大神)】

山頂連絡路

【約0.8km 約30分 】
女体山山頂と男体山山頂を結ぶコースです。

今回は女体山山頂から男体山山頂を目指しますが、体力的にしんどい場合はそのまま下山というのもありかと思います。

女体山を下りたところにある『御幸ヶ原』は、筑波山神社と結ぶケーブルカーの駅やお土産やさん、お食事所、展望台などがあって賑わってます。

【御幸ヶ原(筑波山頂駅)】

【筑波山神社御本殿(筑波男大神)】

【紫峰杉】
御幸ヶ原から少し下ると、男女川の源流があり、その傍らに立っております。パワースポットとしても有名です。紫峰とは筑波山の別称。朝夕の筑波山がうっすら紫色に見えることからその名が付けられたとか。

御幸ヶ原コース

【約2.0km |登り約90分・下り約70分】
筑波山神社から山頂を目指す人気コースです。筑波山神社と御幸ヶ原を結びます。今回は下りのコースとして選択します。

ちなみにケーブルカーですと筑波山神社から筑波山頂駅まで8分です。

少し急な登りと木の根っこが多いのが特徴です。

それでは下山です。ゴールの筑波山神社を目指します。

白雲橋コースは岩が多めでしたが、こちらはほとんど森林の中を通るルートです。

【男女川 水源地付近】

杉の木の大木が多いのもこのコースの特長です。

下りはあっという間に到着です。

【筑波山神社 拝殿】

周辺のおすすめスポット 3選

登山だけで帰るのはもったいないので、地元ならではのおすすめのスポットをご紹介いたします。

キーワード検索で選択肢がたくさんありすぎると、疲れてしまいますので、思考停止でまずは寄ってみてください。

お風呂

【やさと温泉 ゆりの郷】

泉質は単純弱放射能温泉で、露天風呂からは筑波山を望むことができます。

また、食事もおすすめですので、お風呂とセットで楽しめます。地元産のお肉や、JAやさと直営の地元で採れた新鮮な食材を使った料理を堪能できお腹も満たされることでしょう。

筑波山神社の駐車場からは、車で30分ほどです。

ラーメン

【松屋製麺所】

朝7時から行列ができてます!

製麺所さんですのでお土産を買いに行く方も多いのですが、その場でも地元つくばの地粉 『ユメシホウ』を使用したモチモチの自家製麺が食べることができます。シンプルで何度でも食べたくなるラーメンですね!

『松屋らーめん』 チャーシューとメンマ、刻みネギ、もちもちの麺がシンプルな醬油スープによく合います!750円です。

お土産

【沼田屋 本店】

かりんとう饅頭が絶品です!

疲れた体と脳にはやはり甘いものですよね!筑波山のお土産と言えば、ガマの油くらいしか思いつかない方が多いかと思いますが、せっかく来たのならば是非買って帰ってほしいスイーツです!

一個120円と手ごろな価格で、しかも、親切に、美味しく温めるための説明書も入っていますので、お家に帰ってからも揚げたてのように食べられます。

おわりに

今回はまず筑波山に登るなら『このコース1択』という内容で記事を書きました。

今回おすすめしたコースやスポットの他に、素敵なところがたくさんあるのがパワースポット『筑波山』です。

このサイトでも詳しくご紹介しておりますので、こちらも参考にしてください。

それでは、いってらっしゃい!

コメント