月待の滝の魅力やおすすめスポットを紹介します。

裏見の滝観光

月待の滝について

茨城県大子町にある「月待の滝」は、水に濡れることなく滝の裏に入り、たっぷりとマイナスイオンを浴びることができる観光スポットです。

茨城県の滝と言えば、袋田の滝が有名ですが、癒しの観点からすると、月待の滝をおすすめしたいです。袋田の滝から、車で15分くらいですので、両方行ってみるのも良いかもしれませんね。
ちなみに、袋田の滝は、栃木県日光市の「華厳の滝」、和歌山県熊野の「那智の滝」と並んで、日本三名瀑に数えられることもあります。どの滝もスケールが大きいですね。

アクセス

アクセスは、大自然なので、ちょっと不便かもしれませんが、常磐自動車道那珂ICをおりて、国道118号線を北上し、約1時間半くらいです。途中に立ち寄りポイントがたくさんありますので、寄り道しながらゆっくりドライブがおすすめです。

駐車場

近くの駐車場は、10台ほどでいっぱいになりますので、満車の際は、坂をくだったところから歩いて、滝に向かいます。良い運動になります。

滝の楽しみ方

素敵な看板を見ながら、竹林をくだると、滝の音が早速聞こえてきます。

雨の少ない時期は、写真のように、滝が細くなりますが、多いときは大変豪快です。また、マイナスイオンをこれでもかと浴びることができるでしょう。心と身体がいきいきするのが実感できます。

滝をしばらく眺めたり、写真を撮ったりした後は、是非、滝の裏に行ってみてください。足元は滑りやすくなってますので、女性の方はヒールではなく、スニーカーがおすすめです。滝の裏に入ると、マイナスイオンはお茶の間の約100倍です。あまり濡れることはありませんので、しばらくいてみてください。日頃のストレスが緩和されることを祈ります。

マイナスイオンを浴びた後は、是非、お蕎麦とリンゴ狩りを楽しんでください。

是非、滝の裏に行ってみてください。

マイナスイオンを数字で確認できます!ピーク時の滝裏はすごいです!

この水を飲んで宝くじに当選したり、金運に恵まれた方も多いとか!こちらの開運の水は、「もみじ苑」さんのお蕎麦やコーヒーに使われているそうです。

「もみじ苑」さんでは、常陸秋そば粉を使用した自家製粉蕎麦をいただくことができます。絶品です!

たくさんの種類のリンゴが試食できますので、安心して選ぶことができます。

それでは素敵な大子町観光を!

コメント