【神社めぐり】大杉神社の魅力やおすすめスポットをご紹介いたします!

神社巡り

大杉神社について

茨城県稲敷市阿波にある大杉神社は、豪奢な社殿を擁することから『茨城の日光東照宮』の異名があります。

約670社を数える大杉神社の総本社でもあり、地元の方々には『あんばさま』の愛称で親しまれております。

また、大杉神社は日本唯一の夢むすび大明神といわれ、正月の初詣や、2月3日の節分祭には多くの参拝客が訪れ、年間の参拝者は33万人を数えます。

御祭神は倭大物主櫛甕玉命(やまとおおものぬしくしみかたまのみこと)。

創建は、神護景雲元年(767年)と伝えられております。

アクセス・駐車場

車の場合、圏央道稲敷ICから約3kmで10分くらいで到着です。

公共交通機関の場合は、かなり不便です。
JR常磐線からはかなり距離があります。竜ヶ崎市駅、牛久駅、ひたち野うしく駅、土浦駅あたりが強いていえば最寄りの駅になりますので、そちらからはタクシーになるかと思います。

お車を乗らない方は、お友達やご家族とご一緒にお車で来る事をおすすめします!

境内

『茨城の日光東照宮』と呼ばれるように、境内は煌びやかです。

【麒麟門】*国道から

【麒麟門】

【拝殿】

【神楽殿】

【大国神社】

【五十瀬神社・白山神社・四柱神社・天満宮】

【御神木】三郎杉

【撫桃】

参拝の後のお楽しみ

おすすめグルメ

プチメイト

大杉神社から車で20分ほどにあるプチメイトさんは、メニュー豊富なレストランです。

どれを食べても懐かしい洋風の味で、何度でも来たくなるレストランです。

また、漫画がたくさんあるのが特徴ですので、食事の後、ゆっくりできるのも人気の要因です。

コメント